FC2ブログ
    20111224_0179.jpg
    撮影日:2011年12月24日
    場所:晴海:晴海客船ターミナル

    <使用機材>
    カメラ:SONY NEX-5
    レンズ:SEL18200 E18-200mm F3.5-6.3 OSS
    <撮影データ>
    8秒 F11 ISO200

     昨日の記事に書いたとおり、「お台場レインボー花火2011」を撮りに行きました。記事のとおり、激コミが予想されるお台場を避け、今日は晴海客船ターミナルに行きました。
     人も少なく、のんびり撮影できました。とはいえ、10分間なので、想定と狂った場合のリカバリには焦るんですけど。

     1枚目から4枚目までは、NEX-5で撮影です。レンズはSEL18200でどうなったとしても対応できるようにしました。
     今回は、途中で画角を変えたので、やはり高倍率ズームの便利さはありがたいです。


    20111224_0169.jpg
    撮影日:2011年12月24日
    場所:晴海:晴海客船ターミナル

    <使用機材>
    カメラ:SONY NEX-5
    レンズ:SEL18200 E18-200mm F3.5-6.3 OSS
    <撮影データ>
    8秒 F11 ISO200


    20111224_0194.jpg
    撮影日:2011年12月24日
    場所:晴海:晴海客船ターミナル

    <使用機材>
    カメラ:SONY NEX-5
    レンズ:SEL18200 E18-200mm F3.5-6.3 OSS
    <撮影データ>
    8秒 F11 ISO200


    20111224_0195.jpg
    撮影日:2011年12月24日
    場所:晴海:晴海客船ターミナル

    <使用機材>
    カメラ:SONY NEX-5
    レンズ:SEL18200 E18-200mm F3.5-6.3 OSS
    <撮影データ>
    8秒 F11 ISO200


    20111224_8080.jpg
    撮影日:2011年12月24日
    場所:晴海:晴海客船ターミナル

    <使用機材>
    カメラ:Canon EOS7D
    レンズ:EF17-40mm F4L USM
    <撮影データ>
    8秒 F11 ISO200

     この5枚目と6枚目はEOS7D+EF17-40Lで、レインボーブリッジの橋脚を両方とも入れるようにして撮りました。


    20111224_8090.jpg
    撮影日:2011年12月24日
    場所:晴海:晴海客船ターミナル

    <使用機材>
    カメラ:Canon EOS7D
    レンズ:EF17-40mm F4L USM
    <撮影データ>
    8秒 F11 ISO200


     5枚目、6枚目を見るとわかるとおり、晴海客船ターミナルから見ると、左の橋脚のさらに左側にあがっています。
     レインボーブリッジとのバランスは決していい場所ではないので、花火が上がった瞬間かなり焦りました。SEL18200を用意しておいてよかったぁ。
     また、お台場を観覧場所というだけあって晴海客船ターミナルからは、このような花火を見ることができませんでした。お台場から見て横方向の広がりはあるのですが、奥行き方向の広がりがないため、晴海客船ターミナルからだと、ほぼ一本の線のような感じになります。(もちろん、厳密に一本にはなりませんが。)

     カメラの設定としては、今回は前回の教訓として、NEX-5の長時間露光ノイズリダクションはOFFにしました。これで、撮影の待ち時間が短縮されました。また露出は8秒、F11にしています。そのため、EOS7DでもISO200に設定しています。

     もう今年はこのお台場の花火は終わりましたが、来年度以降また開催されるのであれば、もう少し撮影場所を探したいところです。
    スポンサーサイト




    【2011/12/24 23:57】 | 花火
    【タグ】 Camera_SONY NEX-5  Lens_SONY_E18-200mmF3.5-6.3 OSS  Camera_Canon EOS7D  Lens_Canon_EF17-40mm F4L USM  
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック