20160531_4388.jpg
    撮影日:2016年5月31日

    <使用機材>
    カメラ:SONY NEX-6
    レンズ:SEL30M35 E30mm F3.5 Macro
    <撮影データ>
    1/40秒 F11 ISO3200

     昨日の記事で、20年前の6月1日は初めてのオープンウォーターダイブだったことを記載しましたが、その翌日に2日目の海洋実習を受けて、オープンウォーターダイバーの認定を受けたのです。
     なので、20年前の6月2日はダイバーになったのでした。

     そんなわけで、1枚目はオープンウォーターダイバー(OWD)のCカード(Certification Card、認定証)です。
     俗に言うダイビングの"ライセンス"です。
     実際には、ライセンス(免許)ではなく、必要な知識と技術を持っているという意味で認定証=Cカードとなります。


    アドバンスドオープンウォーターダイバー(AOW)のCカードです。
    20160531_4340.jpg

    レスキューダイバー(RED)のCカードです。
    20160531_4349.jpg

    ドライスーツスペシャリティのCカードです。
    20160531_4352.jpg

    シータートルスペシャリティのCカードです。
    20160531_4373.jpg


     スキューバダイビングをやっている人なら、Cカードにはスキル段階に応じて種類があることをご存知だと思います。
     筆者は、PADIレスキューダイバーです。
     レクリエーションダイブであれば、アドバンスドウォーターダイバー(AOW)で水深18mを超えて最大40mまで潜ることができますし、ナイトダイビングもできます。
     なので、AOWを取って、STEPアップを辞める方も多いかなぁと思います。
     筆者は当時、できればダイブマスターを取りたかったのと、万一の際にパニックにならずに冷静に対処できるようにREDの講習を受けました。

     更に、1年中ダイビングするためにドライスーツを着るので、ドライスーツのスペシャリティを受けました。
     そして、ハワイ・オアフ島に行った際に、ウミガメのスペシャリティがあったので、受講してみました。

     こうしてみると、ほんとにダイビングにはまっていたんだなぁって思いますね。笑
    スポンサーサイト

    【2016/06/02 02:03】 | ダイビング、シュノーケリング
    【タグ】 Camera_SONY NEX-6  Lens_SONY_E30mm F3.5 Macro  
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック