上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    20150919_2582.jpg
    撮影日:2015年9月19日

    <使用機材>
    カメラ:SONY NEX-6
    レンズ:SEL30M35 E30mm F3.5 Macro
    <撮影データ>
    1/10秒 F5 ISO800

     シルバーウィークの初日、所用によりさいたま新都心に行ったのですが、そこにヨドバシカメラマルチメディアさいたま新都心駅前店がありました。
     待ち時間の間、ぶらぶらとヨドバシカメラを覗いてみました。
     これが、運の尽き。店を出るときには紙袋を持っていました。
     というわけで、SIGMA 35mmF1.4 DG HSM/Artの購入記録です。


     まずは、箱です。以前のSIGMAは黒字に赤ラインの箱でしたが、今はとってもシンプルなデザインです。
    20150919_2560.jpg


     内容物は、レンズ本体、フード、ケース、箱です。
    20150919_2562.jpg


     レンズ本体とフードをもう一度。
    20150919_2563.jpg


     SIGMA 35mmF1.4 DG HSMとEF50mmF1.4 USMを比較してみました。大きさも全然違うし、重さも2倍以上です。
    20150919_2591.jpg


     なぜ、このレンズを買ったかというとですねぇ、ここのところずっと35mmの単焦点を見ていたのです。って、これだと買った理由にはならないですね。
     実は2点あります。
     1点目は、スナップ用に35mmの単焦点が欲しかったから。
     最近横浜に行っても、じっくり夜景を撮らず、スナップを撮ることが増えました。これは時間的な都合のせいなのですが、ちょっと変わってきました。そんなときに、EF24-105F4Lだとボケ量が小さいんですよね。そこで出番は50mmF1.4でした。
     でも、EF50mmF1.4って開放だととても甘いんですよ。もっと開放からキリッと行きたいんですよね。
     また、ちょっと長い!って感じることも多かった。そこで、少しだけ短めのレンズとして35mmを検討していました。
     2点目は、ヒコーキの機内からアプローチするときの夜景を撮るためです。
     これは、本当はα7SIIに任せたかったのですが、なんせ発表されたら40万オーバー!サブにしては高すぎです。そして、冷静に考えると、レンズをそろえるとそれなりにかかります。
     そこで、α7SIIに見切りをつけ、EOS5Dmk3に明るい単焦点レンズで勝負することにしました。

     35mmの候補は、2本。1本目はこのSIGMA35mmF1.4、2本目はEF35mmF2 IS USM。
     今までの筆者なら、35mmはあまり重視していないので、予算を抑えるためにEF35F2を選択していたでしょう。また、純正の安心感からもEF35F2を選んだでしょう。手ぶれ補正内蔵で、スナップ時により遅いシャッター速度まで使えるので、やっぱりEF35F2を選択したでしょう。というより、この理由なら今でもEF35F2のように思います。
     でも、ヒコーキ内からの撮影は少しでも早いシャッター速度を確保したい。まして、手振れ補正というよりは相対的に被写体ブレの状態なわけで、手振れ補正の出番ではないのです。
     この理由から、今回はSIGMA 35mmF1.4 DG HSMを選択しました。
     価格自体はSIGMAのほうが高いし、価格交渉した結果もSIGMAのほうはおきさくよりも若干高かったので、EF35F2のほうがお得感がありました。でも、貯まったポイントで購入するので、そのあたりはどちらでもよく感じました。ポイントは本当はα7SIIのために貯めていたんですけどね、とても高くて、諦めざるを得なかったのですけどね。
     そして、最終的にはSIGMAの解像感を試してみたかったというのが大きいです。

     そんなわけで、現時点では買うつもりはなかったのですが、なんと35mmF1.4 DG HSMを購入してしまいました。
     早く試し撮りをしてみたいな。

    スポンサーサイト

    【2015/09/19 23:55】 | 機材
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。