上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    20150201_3241.jpg
    撮影日:2015年2月1日
    場所:成田:成田空港第1ターミナル

    <使用機材>
    カメラ:Canon EOS7Dmk2
    レンズ:EF-S10-18mmF4.5-5.6 IS STM
    <撮影データ>
    1/320秒 F8 ISO100

     トロント・サンフランシスコ出張の番外編第3弾です。スーツケース破損についてです。

     1枚目は、スーツケースの破損とは一切関係ありません。
     なんとなく空港の写真を選んだだけです。笑
     少なくともシカゴまでは破損せずに運ばれていました。

     昨日の記事のとおり、筆者のスーツケースは日本を発ってから帰国し、自宅に届くまで会う事はありませんでした。
     そして、自宅に送られると・・・。

     破損していました。
    20150210_1434.jpg

     破損箇所のアップです。
    20150210_1435.jpg

     さらにアップです。こんなにめくれてしまってどうしましょ。
    20150210_1439.jpg


     エアカナダと話をすると、エアカナダの指定工場で修理とのことでした。
     どうしようかと思いましたが、修理以外の補償方法がなかったので、修理しました。

     修理からあがって、箱に入って届きました。
    20150321_1462.jpg

     箱から出すと、あら、結構キレイに直ってます。
    20150321_1463.jpg

     破損箇所のアップです。キレイに直りました。
    20150321_1464.jpg


     このスーツケースは、成田を出発してシカゴで一泊後、翌日トロントに。そして、サンフランシスコに届く予定がどうもカナダからでなかったようです。
     筆者が帰国後に、トロントからバンクーバーを経由して成田に帰ってきていました。
     成田に着いたときに、エアカナダから電話がありました。
     自宅への配達日を調整したのですが、その際破損の連絡も併せて受けました。
     実際に写真を見ると、結構大きな破損でした。
     修理するのもなんだなぁと思ったももの、補償してもらう場合は指定工場での修理だったので、修理をお願いしました。
     結果はキレイに直っていましたが、使いもしない荷物をつめて、太平洋を2度もわたり、破損してしまったなんて、なんだかなぁという感じです。
     みなさんもスーツケースの紛失、破損にはお気をつけください。笑
    スポンサーサイト

    【2015/04/21 06:00】 | スナップ・その他
    【タグ】 Camera_Canon EOS7D MarkII  Lens_Canon_EF-S10-18mmF4.5-5.6 ISSTM  
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。