20150205_5251_2.jpg
    撮影日:2015年2月5日
    場所:カリフォルニア:ゴールデンゲートブリッジ

    <使用機材>
    カメラ:Canon EOS7Dmk2
    レンズ:EF-S55-250mmF4-5.6 IS STM
    <撮影データ>
    1/4秒 F6.3 ISO400

     トロント・サンフランシスコ出張の記事は一通り掲載して終わっていますが、その出張ではトラブルが3つほどありました。解決したものから順番に番外編として掲載します。
     番外編第1弾は、EF-S55-250mmF4-5.6 IS STMのマウント破損です。

     1枚目は、ゴールデンゲートブリッジです。
     実は、この時点では既にマウントは破損していました。
     この対岸からゴールデンゲートブリッジを撮ろうとした際に破損してしまったのです。


    ということで、破損状況です。
    2つの赤丸が破損部分です。大きな丸のほうは完全にひっかかる部分がなくなっています。
    20150212_1449.jpg

    修理が終わって届いた箱です。
    20150301_1455.jpg

    箱をあけると、こんな梱包がされていました。
    20150301_1456.jpg

    修理が終わったEF-S55-250mmF4-5.6 IS STMです。
    20150301_1457.jpg

    修理の終わったマウントです。
    赤丸が破損していた部分ですが、交換したので無事直っています。笑
    20150301_1458.jpg

    同封されていた修理票です。
    20150321_syuurihyo.jpg


     ゴールデンゲートブリッジを撮影したあと、アルカトラズ島を撮影しようとEF-S55-250mmF4-5.6 IS STMに付け替えましたが、天候と時間帯でイマイチな感じでした。そこで、EF-S18-55mmF3.5-5.6 IS STMに戻そうと思って、EF-S55-250mmF4-5.6 IS STMを外そうとすると、あれ?外れません・・・。回転しないのです。
     おかしいなぁと思いながら、何度かトライするとようやく外れました。でも、外れた直後、頭上にクエスチョンマークがたくさん・・・。2枚目の写真のように、マウントがかけていたのです。
     かけた部分はどこにもなく、カメラボディにもありません。
     もう一度付け直してみると、ガタつかずに、動作もしました。
     改めて、はずしてみると、ひっかかることもなく外れました。
     そんな状態のまま出張を終えて、仕事をしていたのですが、そもそも海外旅行保険の携行品損害補償の対象になるのではないかとAIU保険に連絡すると、対象になるとのこと。
     メーカー保証でも、保険適用でもいずれにせよ無償で直せることがわかり、2月20日(金)にキヤノンSC銀座に持ち込み、修理を依頼しました。
     担当の方から有料になるかもしれない旨の説明を受けましたので、有料の場合は連絡をいただけることになっていましたが、火曜日になっても連絡がありません。そのあたりでメーカー保証になりそうだと感じました。
     預けたときに修理上がりの予定は3月5日と聞いていたので、そのうち届くと思っていたら、2月28日に宅配ボックスに入っていました。
     普段はこのレンズは使わないと思いますが、折角直ったのでこれからも出張の際にはこのレンズを持っていこうかな。
     キヤノンさん、ありがとうございます!

     プラマウントのレンズは初代EOS Kiss Digitalのダブルズームキット以来だと思うのですが、まさかこんなことになるとは思いませんでした。
     修理を依頼する際には、金属マウントに替えられないか聞きましたが、答えはもちろんノーでした。
     このレンズ、描写はいいので、マウントの耐久性をなんとか出来たら、ほんとにいいレンズなんだけどなぁ。
    スポンサーサイト

    【2015/03/22 06:00】 | 機材
    【タグ】 Camera_Canon EOS7D MarkII  Lens_Canon_EF-S55-250mmF4-5.6 IS STM  
    トラックバック(0) |
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック