20131211_1945_orig.jpg
    撮影日:2013年12月11日

    <使用機材>
    カメラ:Canon PowerShot S100
    <撮影データ>
    1/10秒 F2 ISO80

     昨日のPowershot S100の高感度画質のチェックですが、raw+jpegで撮影していたので、撮って出しのjpgも同様に見てみます。
     同じデータなので、昨日同様の注意事項となります。
     固定するものがなく、以前百均で購入したプラスチックの卓上三脚を利用しているので、微妙に構図が変わったり、ブレている可能性もあります。
     露出は絞り優先オート、rawで撮影し、Digital Photo Professionalで素のまま現像し、photoshop elementsにてリサイズしています。本来は等倍での切り出しがいいのかもしれませんが、この点についてもご了承ください。
     また、高感度ノイズリダクションは「標準」です。


    20131211_1946_orig.jpg
    <撮影データ>
    1/15秒 F2 ISO100


    20131211_1947_orig.jpg
    <撮影データ>
    1/30秒 F2 ISO200


    20131211_1948_orig.jpg
    <撮影データ>
    1/60秒 F2 ISO400


    20131211_1949_orig.jpg
    <撮影データ>
    1/125秒 F2 ISO800

     このあたりから、NR処理によりノイズはなんとかなってますが、解像感がさがってきてます。
     とはいえ、この程度ならアンシャープマスクで救えるような気もします。

    20131211_1950_orig.jpg
    <撮影データ>
    1/250秒 F2 ISO1600


    20131211_1951_orig.jpg
    <撮影データ>
    1/400秒 F2 ISO3200

     このあたりからNRも消しきれなくなってきています。
     が、1/1.7型と考えるとすごいですね。(@_@)

    20131211_1952_orig.jpg
    <撮影データ>
    1/800秒 F2 ISO6400

     このあたりだとNR処理でも厳しいです。
     とはいえ、昨日のNRオフと見比べると、だいぶ健闘しているのではないでしょうか。


     簡易ではあるものの、高感度の画像をメーカーがどうしているかもわかるので、GX100やRX100でも試してみたくなってきました。笑
    スポンサーサイト

    【2013/12/12 18:39】 | 機材
    【タグ】 Camera_Canon PowerShot S100  
    トラックバック(0) |
    20131211_1945.jpg
    撮影日:2013年12月11日

    <使用機材>
    カメラ:Canon PowerShot S100
    <撮影データ>
    1/10秒 F2 ISO80

     昨日も書いたとおり、PowerShot S100を借りることができたので、高感度画質をチェックしてみました。
     ただし、固定するものがなく、以前百均で購入したプラスチックの卓上三脚を利用しているので、微妙に構図が変わったり、ブレている可能性もあります。
     そんな状況ですが、試した結果を掲載します。

     露出は絞り優先オート、rawで撮影し、Digital Photo Professionalで素のまま現像し、photoshop elementsにてリサイズしています。本来は等倍での切り出しがいいのかもしれませんが、この点についてもご了承ください。
     また、ノイズリダクションは「オフ」です。

    20131211_1946.jpg
    <撮影データ>
    1/15秒 F2 ISO100


    20131211_1947.jpg
    <撮影データ>
    1/30秒 F2 ISO200


    20131211_1948.jpg
    <撮影データ>
    1/60秒 F2 ISO400

     このあたりから、等倍ではカラーノイズが目に付きますが、リサイズしたこのサイズならまだ気にならないかなぁ。

    20131211_1949.jpg
    <撮影データ>
    1/125秒 F2 ISO800

     このサイズではまだノイズはガマンできるかもしれませんが、それでもノイズは目立ちはじめます。
     実際にはISO800からはNR必須でしょう。

    20131211_1949_dfine.jpg
    <撮影データ>
    1/125秒 F2 ISO800

     この画像は1つ前のものにPhotoshopのpluginであるdfine2.0にてノイズ低減処理をしたものです。


    20131211_1950.jpg
    <撮影データ>
    1/250秒 F2 ISO1600

     だいぶノイズが目だってきました。


    20131211_1950_dfine.jpg
    <撮影データ>
    1/250秒 F2 ISO1600

     この画像は1つ前のものにPhotoshopのpluginであるdfine2.0にてノイズ低減処理をしたものです。


    20131211_1951.jpg
    <撮影データ>
    1/400秒 F2 ISO3200

     ノイズ低減処理前提でしょうかね。
     ちょっと気になります。

    20131211_1951_dfine.jpg
    <撮影データ>
    1/400秒 F2 ISO3200

     この画像は1つ前のものにPhotoshopのpluginであるdfine2.0にてノイズ低減処理をしたものです。


    20131211_1952.jpg
    <撮影データ>
    1/800秒 F2 ISO6400


    20131211_1952_dfine.jpg
    <撮影データ>
    1/800秒 F2 ISO6400

     この画像は1つ前のものにPhotoshopのpluginであるdfine2.0にてノイズ低減処理をしたものです。
     ここまでくると、dfineで処理しても厳しいです。
     dfineの処理で解像感も低下しています。
     ですが、非常用としては十分にかと思っています。
     夜撮などでどうしようもないときは使うと思います。


     やはり1/1.7型なので、DSC-RX100やNEX-6との比較は厳しいでしょう。
     案外いけるけど、夢のレベルまでは届いていないという感じでしょうか。
     とはいえ、ISO3200まではNR処理前提として、なんとかなりそうだと思っています。
     重さとの兼ね合いでもしかしたらPowerShot Sシリーズはいいかもしれません。

     そうそう、S100のrawはDPPで現像できるので、rawデータの扱いがしやすいです。
     操作性もなかなか使いやすいです。
     印象は悪くないですね。

    【2013/12/11 23:55】 | 機材
    【タグ】 Camera_Canon PowerShot S100  
    トラックバック(0) |
    20131210_1900_2.jpg
    撮影日:2013年12月10日
    場所:恵比寿:恵比寿駅前交差点付近

    <使用機材>
    カメラ:Canon PowerShot S100
    <撮影データ>
    1/13秒 F2 ISO100

     PowerShotS110が気になっているのは、ここに書いたとおりですが、S100を借りることができました。
     そこで、忘年会の際に、ちょっと撮影。

     1枚目は、ISO100での撮影。
     普段持ちには十分かな。


    20131210_1898_2.jpg
    撮影日:2013年12月10日
    場所:恵比寿:恵比寿駅前交差点付近

    <使用機材>
    カメラ:Canon PowerShot S100
    <撮影データ>
    1/60秒 F2 ISO500

     2枚目は、ISO500で撮影してみました。
     rawで現像して、dfineでNRして、アンシャープマスクをしています。
     カラーノイズがちょっと多めに出ているので、なんらかのNR処理は必須でしょう。


     ここまでやれれば問題なのですが、ISO500からdfineが必須というのはちょっとつらいかも。
     今回は比較的シャッター速度を稼げたのでよかったですが、もうちょっとシャッター速度を稼ぎたいときは厳しいですね。
     とはいえ、1/1,7のコンデジでもここまで写るのかと、びっくしました。

    【2013/12/10 23:55】 | 機材
    【タグ】 Camera_Canon PowerShot S100  
    トラックバック(0) |